結婚祝いに贈る内祝い

内祝いは絶対に返さなくちゃいけないの?

結婚披露宴に招待できなかった人からお祝いとして現金や品物をもらったときは、頂いた金額の半額程度、もしくはそれ相当の品物を内祝いとしてお返しします。
披露宴に招待したゲストに関しては、ご祝儀へのお返しとして披露宴で食事や引き出物をお返ししているので、内祝いを返す必要はありません。ただ、頂いたご祝儀が思いのほか高額だった場合には、引き出物などとは別に内祝いを返したほうがいいでしょう。
逆に、もらった品物などが少額だった場合は、その半額となると贈れるギフトも限られるし、かえって相手に気を遣わせてしまうことにもなります。
そういう場合は、「内祝い」という名目で渡すのではなく、新婚旅行のお土産などをさりげなく渡すといった形で、お返しするといいでしょう。

結婚における内祝いのルールって?

結婚祝いに贈る内祝いの場合、のしの表書きは「内祝い」や「寿」などとします。また、水引は一度結んだらほどけない紅白の「結び切り」を選びましょう。
「結び切り」には何度も繰り返さないようにという気持ちが込められていて、何度も結び直せる「蝶結び」の水引は結婚関係のお祝いではタブーとされています。結婚が何度もあっては困りますからね。

贈る時期は、なるべく早く返すのが良いとされているので、結婚式または入籍から1ヶ月以内には返すようにしましょう。直接持参してお礼の気持ちを伝えながら渡すのが理想ですが、相手の都合もあるので、宅配などで郵送してもかまいません。
ネットで注文可能なギフト専門店などを利用すれば、のしや水引をつけて相手の家に直接送ってくれるので便利ですよ。

内祝いの種類

内祝いにふさわしい品物