内祝いの種類

内祝いには、結婚祝いなど、さまざまな種類がありますが、あいまいな理解のまま贈ることがないよう、ここでは、内祝いという形で返礼品を贈るケースについて紹介します。皆さんが贈る返礼品探しの参考にしてくださいね。

結婚祝いに贈る内祝い

結婚披露宴に招待できなかった人からお祝いとして現金や品物をもらったときは、頂いた金額の半額程度、もしくはそれ相当の品物を内祝いとしてお返しします。披露宴に招待したゲストに関しては、ご祝儀へのお返し…

出産祝いに贈る内祝い

出産祝いをもらったら、内祝いをお返ししなければいけません。相場はだいたいもらった品物の半額か1/3くらい。もらった品物よりも高額だったりすると、逆に失礼にあたることもあるので気をつけましょう。のし…

内祝いにふさわしい品物

内祝いには、食品類や日用品など、気軽に使える物が好まれますが、何を贈ればいいか迷うこともありますよね。ここでは、内祝いの返礼品に喜ばれるものをお伝えしていきますので、返礼品選びの参考にしてみてください。

>

内祝いの本来の意味とは

新築祝いに贈る内祝い

品物は何を選んだらよいのか

新築のお披露目にお招きできれば良いのですが、遠方などで難しい場合もあります。内祝いを贈るときには半返しから1/3程度の金額の品物を選ぶことが多いですから、新居に引っ越してから1~2ヶ月以内にはお送りするように心がけましょう。使われる品物は定番系のお菓子やタオル等が多いのですが、新築祝いの場合には住まいという「器、入れ物」が完成したということにちなんで、グラスやカップ類などを贈るのもよく見かけました。やかんを贈って家を焼かない、火に強いという意味合いで鍋を贈ることもありましたが、食器類は好みもあるので選ぶのが難しいアイテムでもあります。時代の変化に合わせて、相手の好む品物を選んでも大丈夫なのでしっかりリサーチしましょう。

贈る相手に合わせて内容を考えよう

家族や親戚であれば、頂いた金額に対してどのように返せばいいのか好みなども聞きやすいのでそれほど迷うことはありません。打って変わって上司や目上の方となると、金額も大きいだけでなく、あれこれと聞いたりするのも失礼になることが多々あります。この場合はなるべく基本に則ってお返しをするのが一番角が立ちませんので、金額相場に気をつけつつタブーの品物を避けて選んでお返しをすることと感謝を伝えることです。時には会社からもお祝いがきたりするのですが、そのまま返そうとすると会社の規定に反したりすることもあるので、一度会社にお返しをすべきかどうかを聞いておきましょう。家の入居等で慌しいですが、早めに感謝を伝えられるようにして下さい。