出産祝いに贈る内祝い

出産祝いにおける内祝いのルールとは?

出産祝いをもらったら、内祝いをお返ししなければいけません。相場はだいたいもらった品物の半額か1/3くらい。もらった品物よりも高額だったりすると、逆に失礼にあたることもあるので気をつけましょう。

のしの表書きは「出産内祝」や「内祝」とします。水引は何度あっても喜ばしいという気持ちを込めて紅白の「蝶結び」を選びましょう。「蝶結び」はほどけても何度も結びなおすことができるので、出産以外にもさまざまなお祝い事に使われています。
差出人は生まれてくる赤ちゃんの名前にしますが、読みにくい漢字などはフリガナをつけておくと親切ですね。また、内祝いは感謝の気持ちを伝えるのが目的ですから、品物だけでなく、カードや挨拶状も添えるといいでしょう。

いつまでに贈ればいいの?

贈る時期は生後1ヶ月以内が良いとされています。地域によっても違ってくるのと、生後1ヶ月なんてとにかくお母さんはハードに忙しい時期ですよね。なので、遅くとも生後2ヶ月以内までに返せればいいでしょう。
もし、それよりも遅れてしまった場合には、お礼のカードなどにお詫びの言葉を一言添えるといいかもしれません。
産後しばらくしてからお祝いをもらうこともあると思いますが、その際はその都度だいたい1ヶ月以内にお返しすれば大丈夫です。

出産前後はなにかと忙しくなります。特に、一人目の赤ちゃん、それも生まれたばかりとなったら、赤ちゃんのお世話で内祝いどころではないなんてこともあります。なので、生まれる前からギフトショップの選定などは済ませておくといいかもしれませんね。

内祝いの種類

内祝いにふさわしい品物